ウォーターサーバーのフレールの特徴

ウォーターサーバーのフレールの特徴

ウォーターサーバー

 

フレールのウォーターサーバーの特徴としてまず挙げられるのは、「千里の命水」でしょうか。これは大阪の千里丘陵の山と安威川水系から取水したお水です。ビールメーカーや食パンメーカーも使っているようで、おいしいと評判です。フレールはこのお水をRO膜でろ過しているので硬度は3度と非常にまろやかな味です。
では、お水の味には定評のありますがサーバー自体はどのような特徴があるのでしょうか

 

  • 主婦の生の声を集めて作られたサーバー
  • 省エネモード
  • エアレス給水

 

主婦の声

主婦の生の声から作られたサーバーで、ボトル交換時重くて負担の大きかった12リットルのボトルを半分の大きさの6.2Lにしたそうです。また、使用後も回収などの手間をかけないようゴミとして捨てられるようになっています。

 

省エネモード

フレールの省エネモードはちょっと変わっています。温水の電源を完全に切ってしまうことで電気代を抑えます。温かい飲み物を飲まないご家庭もあるので、そういう場合にはありがたい機能かもしれません。

 

エアレス給水

ウォーターサーバーの中には、ボトルからサーバー内部に水が入る時一緒に空気まで入り雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうことがあります。それをふせぐために、フレールでは空気がはいらないよう設計されたエアレス給水を採用しています。

 

お水の味には定評がありますが、サーバーの機能自体には好き嫌いが分かれそうです。ただお水の入った入れ物の扱いやすさや使用後ゴミと捨てられる点は、便利で人気なようです。

関連ページ

サントリー
サントリーのウォーターサーバーの特徴を紹介しています。
ダスキン
ダスキンのウォーターサーバーの特徴を紹介しています
フレシャス
フレシャスのウォーターサーバーの特徴を紹介しています
キララ
キララのウォーターサーバーの特徴を紹介しています
アルピナウォーター
アクアクララ
アクアクララの特徴を紹介しています